記録を伸ばすスラローム走の練習

走り高跳びの練習でスラローム走を行っていますか?
スラローム走は、スキーのように3歩程度の比較的に短い歩数で右から左に、左から右へと方向転換を繰り返す振り子のような走り方です。

 

 

スラローム走の練習をすることで、走り高跳びの助走の際の内傾動作の体のさばき方が身につけられるなど、得られるメリットは大きなものがあるのです。
そして、スラローム走の練習のやり方としては、コーンなどの障害物を置き、これを目印にして切り返していきます。

 

 

足のつき方は、左に切り込んで行く時はコーンの横に左足を置くようにして、右足、左足と置いて、次のコーンでは右足をコーンの横に置いて右に切り込んで行くようにします。
これを繰り返しながら前に進むことで、体を傾ける、起こす、傾けるという感覚を速いスピードで出来るようになるのです。

 

 

そして、ある程度慣れて来たら、次は切り返す時の足を替えて行ってみましょう。
左に切り込む時は右足をコーンの横につけ、右に切り込む時は左足をコーンの横に接地して方向転換するようにすれば、左右のどちらの足でも方向転換出来るようになれます。

 

 

いずれにしても、走り高跳びで記録を伸ばすには助走が重要になりますが、この福間博樹監修の走り高跳び上達革命DVDでは、文章では分かりずらいスラローム走も映像で分かりやすく解説してあり、しっかり学んで練習すことで、記録に伸び悩んでいる高校生選手はもちろん、中学生でも短期間で自己ベストを更新することが出来るでしょう。

 

記録が伸びない選手が知らない、スラロームが走り高跳びに役立つ本当のワケとは?

 

走り高跳び上達革命DVDの詳細を見てみる

 

関連ページ

走り高跳びのルールと駆け引き
走り高跳びの選手なら知っておきたいルールと駆け引きについてお伝えしています。
走り高跳び(背面跳び)の助走
自己ベストを更新する為の走り高跳び(背面跳び)の助走についてお伝えしています。
走り高跳びの踏切の仕方とコツ
より高く跳ぶ為の踏切の仕方やコツについて紹介しています。
空中姿勢(クリアランス)のコツ
走り高跳びで自己記録を更新する為に欠かせない、空中姿勢(クリアランス)のコツについてお伝えしています。
走り高跳びの内傾姿勢(動作)
走り高跳びの記録を伸ばすうえで重要な内傾姿勢(動作)について解説しています。
走り高跳びの起こし回転とは?
確かな技術を身につける為の、走り高跳びの基本について解説しています。
走り高跳びの短助走の跳躍練習
走り高跳びの短助走の跳躍練習について解説しています。
バーに足が引っかかる主な原因とは?
バーに足が引っかかる主な原因と対処法をお伝えしています。
走高跳びのトレーニング方法
走り高跳びのトレーニング方法について解説しています。
走り高跳びの接地の踏み切りドリル
接地の踏み切りドリルを紹介しています。
踏み切りでの接地のタイミング
踏み切りでの接地のタイミングについて解説しています。要チェック!
踏切りは基本練習が大切
踏切の基本練習について解説しています。
試合を想定した練習をしよう
走り高跳びには試合を想定した練習も必要です。 どのように行えばいいのか、解説しています。
メンタルについて
走り高跳びに必要なメンタルと必要な技術についてお伝えしています。