試合の失敗の原因

走り高跳での試合で失敗の原因は何なのか?修正していくことが記録を伸ばしていくには必要になりますね。
助走が悪いのか、踏み切りに問題があるのか、クリアランスが上手く出来ていないのか?など、色々あると思います。

 

失敗

 

例えば、踏み切りがつぶれているなら、踏み込み過ぎていることが考えれますし、オーバースピードになっていたり、腕や肩、振り上げ足の振り込みのタイミングが遅れていることもあるかもしれません。

 

 

修正方法としては、最後の一歩を素早くするようにしたり、スピードの調整、振り込みを踏み切りに合わせるようにすると良いと思います。
また、走り高跳びは助走のスピードを生かした踏み切りをしたいものですが、減速してしまうなら助走での曲線がきつすぎたり、助走のスピードが速すぎることがあるでしょう。

 

 

自分で決めておきたいのは、スタートと曲線に入る2か所になると思うので、試合でマーカーをつけるのもその部分です。
自分のスタートと曲線へ入る場所が分かっていれば、、踏み切りの位置とバーの距離をもとにして、自分で何足分かにすれば良いのか微調整も出来ると思います。

 

 

踏み切り前で減速してしまうようなら、曲線のマークを外側にしてカーブを緩やかにするといいかと。
安定しないようなら、コーナーマークを踏んでいなかったり、曲線部の走りが回り込みすぎたり、直線的になっていることもあるので、安定した曲線の走りを身につけるように練習していくことが必要でしょう。

 

 

ある程度助走が長いほうが加速もつきますが、それだけ歩幅にもばらつきが出てしまいますから、そのあたりも考えて決めていきましょう。

 

 

また、跳躍が流れてしまっているようなら、踏み切りの位置が速いことや、バー側の肩が落ちていたり、上体が前に傾いていることもありますので、踏み切りでの平面の速さを縦方向に変換するためにも、体の軸を崩さないように上体を起こして跳びましょう。

 

 

更に、跳び上がった時にバーに触れるようなら、近すぎる踏み切り位置やクリアランスが早すぎることもあるかなと。
その為、位置の調整やバーを見てクリアランスのまでのタイミングを計るようにするといいです。

 

 

逆に下降時にバーに触れるようなら、脚の切り返しの遅れだったり、十分な助走スピードがないことや踏み切り位置が遠い場合もあります。
ですので、空中で頭を落として、タイミングよく脚を返したり、助走の速さを上げたり、踏み切りの位置を調整していくといいかと思います。

 

 

なお、走り高跳びの試合では制限時間があって、3人以下になるまでは60秒以内に跳ぶというルールがあります。
時間内ならやり直しても良いですが、失敗しやすいので、集中して良い跳躍のイメージを作れるように悪いところは修正して、自己ベストを更新できるように練習していきたいですね。(^-^;

 

走り高跳び上達革命DVDの詳細を見てみる

 

関連ページ

走り高跳びのルールと駆け引き
走り高跳びの選手なら知っておきたいルールと駆け引きについてお伝えしています。
走り高跳び(背面跳び)の助走
自己ベストを更新する為の走り高跳び(背面跳び)の助走についてお伝えしています。
走り高跳びの踏切の仕方とコツ
より高く跳ぶ為の踏切の仕方やコツについて紹介しています。
空中姿勢(クリアランス)のコツ
走り高跳びで自己記録を更新する為に欠かせない、空中姿勢(クリアランス)のコツについてお伝えしています。
記録を伸ばすスラローム走の練習
走り高跳びの記録を伸ばすスラローム走の練習について解説しています。
走り高跳びの内傾姿勢(動作)
走り高跳びの記録を伸ばすうえで重要な内傾姿勢(動作)について解説しています。
走り高跳びの起こし回転とは?
確かな技術を身につける為の、走り高跳びの基本について解説しています。
走り高跳びの短助走の跳躍練習
走り高跳びの短助走の跳躍練習について解説しています。
バーに足が引っかかる主な原因とは?
バーに足が引っかかる主な原因と対処法をお伝えしています。
走高跳びのトレーニング方法
走り高跳びのトレーニング方法について解説しています。
走り高跳びの接地の踏み切りドリル
接地の踏み切りドリルを紹介しています。
踏み切りでの接地のタイミング
踏み切りでの接地のタイミングについて解説しています。要チェック!
踏切りは基本練習が大切
踏切の基本練習について解説しています。
試合を想定した練習をしよう
走り高跳びには試合を想定した練習も必要です。 どのように行えばいいのか、解説しています。
メンタルについて
走り高跳びに必要なメンタルと必要な技術についてお伝えしています。
走り高跳びの練習のコツ
走り高跳びの練習のコツについてお伝えしています。
集中力を高めるには?
確かな技術を身につける為の、走り高跳びの基本について解説しています。