走り高跳びの軸の筋力トレーニング

走り高跳びでも筋力トレーニングは記録を伸ばす為には必要です。
実際に、走り高跳びの選手はスラリと細い体型にみえますが、他の陸上競技の選手の中でも膝上の筋肉が特に発達しています。

 

軸の筋力トレーニング

 

そんな走り高跳びの選手で特に重要なのが軸の筋力の強化です。
既にお伝えしていますが、走り高跳びは助走の勢いを垂直方向の上昇力に変えるようにしますから、その際の踏切りでの踏み付ける力の強さと潰れない姿勢の2つが記録に大きく影響してくるからです。

 

 

この2つに共通しているのが脚の形、軸です。
それを身につける筋力トレーニング・技術練習兼、補強運動が踵の上下動です。

 

 

そんな走り高跳びの軸の筋力トレーニングのやり方としては、かかとは無理に上げ過ぎず、下げ過ぎないようにします。
最初は水平よりもやや高くなるようにして、つま先は少し外側を向くようにします。
また、膝にゆとりを持たせておきましょう。これは様々なトレーニングを行う上でも重要なポイントになります。

 

 

そして、その姿勢から、お尻とももの裏側に力を入れます。すると骨盤が前に少し出て脚が棒のように固くなり、走り高跳びの踏切りでも潰れない強い脚が出来ます。

 

 

次に逆側の脚を外して、内股をぴったりつけるようにして完成です。
また、猫背になってしまうと踏切りで潰れやすいので、少し胸を張ったようにして息を詰めると上半身にも強さが生まれ。これで脚から肩まで強い軸のある体になります。

 

 

やってみると、その際の軸は一直線ではないということが分かるかと思います。
この姿勢で足首だけを使って体の上下動を行うようにしていきます。
膝が曲がったり、お尻が緩んでしまうと軸が崩れてしまうので、気をつけながらボールが弾むように上下動を繰り返すようにしましょう。

 

 

最初は、自分の自重だけでトレーニングを行い、安定してきたら更に2人1組になって、仲間を肩車などして負荷を増して行うと脚の筋力強化にもなります。
10回3セットくらいを目安に、週に2〜3回くらいやると良いかと思います。

 

 

走り高跳びで記録を伸ばすためには、踏み切りの局面で体がぶれずに1本の棒のように軸を保つための脚の筋力強化のトレーニングや、正確な動作の中で姿勢を維持する練習が欠かせません。
中学生や高校生など早い段階からしっかり行っておけば、その後の記録の伸びもそれだけ大きくなるかと思いますよ。

 

関連ページ

走り高跳びのルールと駆け引き
走り高跳びの選手なら知っておきたいルールと駆け引きについてお伝えしています。
走り高跳び(背面跳び)の助走
自己ベストを更新する為の走り高跳び(背面跳び)の助走についてお伝えしています。
走り高跳びの踏切の仕方とコツ
より高く跳ぶ為の踏切の仕方やコツについて紹介しています。
空中姿勢(クリアランス)のコツ
走り高跳びで自己記録を更新する為に欠かせない、空中姿勢(クリアランス)のコツについてお伝えしています。
記録を伸ばすスラローム走の練習
走り高跳びの記録を伸ばすスラローム走の練習について解説しています。
走り高跳びの内傾姿勢(動作)
走り高跳びの記録を伸ばすうえで重要な内傾姿勢(動作)について解説しています。
走り高跳びの起こし回転とは?
確かな技術を身につける為の、走り高跳びの基本について解説しています。
走り高跳びの短助走の跳躍練習
走り高跳びの短助走の跳躍練習について解説しています。
バーに足が引っかかる主な原因とは?
バーに足が引っかかる主な原因と対処法をお伝えしています。
走高跳びのトレーニング方法
走り高跳びのトレーニング方法について解説しています。
走り高跳びの接地の踏み切りドリル
接地の踏み切りドリルを紹介しています。
踏み切りでの接地のタイミング
踏み切りでの接地のタイミングについて解説しています。要チェック!
踏切りは基本練習が大切
踏切の基本練習について解説しています。
試合を想定した練習をしよう
走り高跳びには試合を想定した練習も必要です。 どのように行えばいいのか、解説しています。
メンタルについて
走り高跳びに必要なメンタルと必要な技術についてお伝えしています。
走り高跳びの練習のコツ
走り高跳びの練習のコツについてお伝えしています。
集中力を高めるには?
確かな技術を身につける為の、走り高跳びの基本について解説しています。
試合の失敗の原因
確かな技術を身につける為の、走り高跳びの基本について解説しています。